探しっくす 口コミ

探しっくすのグループホーム

探しっくす 口コミ,探しっくす 評判,探しっくす 老人ホーム,探しっくす 見学,探しっくす 資料請求

 

 

92歳の祖父が
「散歩に行ってくる」と言って
家を出たまま行方不明に
なってしまったのは昨年の秋でした。

 

 

警察にも相談し市の放送などで呼びかけ、
2日後に林の中で低体温症で倒れて
いるのが見つかりました。

 

 

衰弱も激しかったので、
しばらく入院することとなり
いろいろ検査してもらった結果・・・

 

 

軽い脳梗塞が起こっており
その影響で意識の混濁や
認知症の症状があらわれて
いると診断されました。

 

 

かなりの高齢だったので、
脳梗塞の手術は行わず
投薬治療を続けてゆく事に
なりました。

 

 

退院後の介護はどうする?

 

 

そして、
体力も回復してきて
脳梗塞の症状も安定したため
入院先の病院から退院するように
すすめられました。

 

 

ですが、
脳梗塞と認知症があり、
さらに祖父は入院中に足が弱り
日常生活を送る事は困難に
なってしまいました。

 

 

在宅で介護も考えましたが、
自営業を行っているので
日中家に居るは高齢の祖母だけでした。

 

 

高齢の祖母に、
祖父のトイレ介助や介護は
無理です。

 

 

ですが、
仕事の方も人手に余裕のない
親族経営の工場でしたので
休むわけにもいきません。

 

 

家族中で、
「介護をどうすべきなのか?」と
悩みました。

 

 

介護施設を探す

 

 

親族での工場経営も厳しいものが
あったので・・・

 

 

工場を廃業して、
父と母が祖父の介護を
したらよいのではという話も
出ましたが・・・・

 

 

祖父が苦労して大きくした
家業を潰すのは祖父にとっても
望みではないのではないか?

 

 

まだ、
経営できる状態ならば
家業を続けてゆくべきでは
ないか?

 

 

そういった結論に至り、
祖父を介護施設に預ける事に
なりました。

 

 

退院の日は決まっていたので
早急に入所できる施設を
探す必要があります。

 

 

そこで、
近所にある老人ホームに
片っ端から電話をしてみました。

 

 

ですが、
認知症や脳梗塞の持病があり
特別なケアが必要な祖父を受け容れて
くれる老人ホームが近所に
みつかりませんでした。

 

 

どうしよう?
やっぱり家業を廃業して
父母が介護に専念するしか
ないのかな?

 

 

そんな風にあきらめかけた時に
叔父が・・・

 

 

「なんか、
全国の介護施設を紹介してくれる
会社があるみたい。

 

ダメ元で、
いっぺん使ってみよう。」

 

 

そんな風に探してきてくれたのが
「探しっくす」というサイトでした。

 

 

そして、
早速「探しっくす」のサイトから
相談フォームで祖父の現状と
どういった希望があるかを細かく
記載して送りました。

 

 

そうしたら、
「探しっくす」からすぐに連絡があり
近所にあるグループホームという
認知症の高齢者向けの施設を
紹介してもらえました。

 

 

グループホームなんてある事自体
それまで全く知らなかったので
本当にありがたかったです。

 

 

それに近所に合ったグループホームは
住宅街の中にひっそりとある感じで
目立たない施設だったので、
気が付きませんでした。

 

 

でも、
自宅から歩いて通える距離に
グループホームを紹介してもらえ
祖父も安心した様子でした。

 

 

「探しっくす」は
全国のグループホームも
紹介してもらえます。

 

 

ですのでぜひ、
認知症の介護に悩んでいる方は
「探しっくす」をりよすると良いですよ!